04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

increase

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

おじいちゃん、わすれないよ 

「おじいちゃん わすれないよ」
ベッテ・ウェステラ作、ハメルン・ファン・ストラーテン絵

オランダで出版。2001年度のブラスティヴァの世界絵本原画展「金のリンゴ賞」受賞。この賞は、歴史ある世界的な絵本賞であるらしい。でも、賞は絵に対してなのか、文章に対してなのかよくわからない。絵は、それほど新味もないオーソドックスなものなんではないかと思うけれど。

さっと読んで、隙がなくよく練られている作品だなぁと思った。
現実からおじいさんとの回想場面がいくつも繰り返されることにより、2人の楽しかった日々が十分わかるし、伏線としても、小道具としても、赤いハンカチが重要な使われ方をしている。これがラストでとても効果的に演出されている。

①現実 おじいちゃんの部屋のヨースト。悲しむヨーストに、ママは、おじいちゃんとの思い出の赤いハンカチを渡す。
②回想1 おじいちゃんとのカウボーイごっこ。ハンカチは、ヨーストのバンダナに。
③回想2 おじいちゃんとの海賊ごっこ。ハンカチは、海賊船の旗。
④回想3 おじいちゃんと家出。ハンカチは、お弁当の包みに。
⑤回想4 おじいちゃんと自転車の練習。ハンカチは、膝こぞうのけがの包帯。
⑥回想5 おじいちゃんとの約束。ハンカチは、結び目を作って、約束を忘れるのを防ぐため。
⑦現実 迎えの車が来て、墓地に向かうヨースト。ヨーストは、おじいちゃんの棺に土をかけるのを拒否する。
⑧回想6 おじいちゃんと砂浜で遊ぶ。すっぽうまっていたおじいちゃんは、アイスやが来ると起き上がってアイスを買ってくれる・・・。ハンカチは、おじいちゃんの頭を包む。
⑨現実 ママがヨーストにハンカチでできるいいアイディアを教えてくれる。
⑩ラスト ハンカチに結び目を作ったヨーストは、おじいちゃんのことを忘れないよと、誓う。

なんと見事な、よく考えられた構成。
やはり教科書に載ってもふさわしいような内容。

でも、実はあまりに整い過ぎて感動に乏しいような気もする。
ジョン・バーニンガムの「おじいちゃん」の換骨奪胎のような気もする。
でも、バーニンガムに感じられるような詩情が足りないような。
そんなこんなで、よくできた作品だけれど、印象が薄いのがちょっと残念

おじいちゃんわすれないよおじいちゃんわすれないよ
(2002/08)
ベッテ ウェステラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

category: 読書感想

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotone8941.blog.fc2.com/tb.php/10-558a78f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

あしあと

カレンダー

天気予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。