08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

increase

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

面白かった本(ヤングアダルト)2011年 

今年は、今までにないほどたくさん本を読んだ。小学校の時は、読む本が薄いから、1日1冊なんてこともできたけど、社会人になってからはさっぱりで。
今現在、時間的に余裕があるのと図書館が近いので、好条件なのね。

順位なんてつけられないけれど、一番印象に残ったのは、これかな。読み終わってすぐ読み返したもの。

マルベリーボーイズマルベリーボーイズ
(2009/10)
ドナ・ジョー ナポリ

商品詳細を見る
☆本格派で読ごたえがあったものとして、

①「スピリットベアにふれた島 (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)」ベン・マイケルセン(鈴木出版)
②「ピーティ (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)」ベン・マイケルセン(鈴木出版)
③「ボグ・チャイルド」シヴォン・ダウド(ゴブリン書房)
④「マルカの長い旅」ミリヤム・プレスラー(徳間書店)
⑤「ハサウェイ・ジョウンズの恋」カティア・ベーレンス(白水社)

③~⑤は、大人が読んでも面白いと思う。③は、青春小説。重厚なロバート・B・パーカー?④は、衝撃的な内容。これ、高校生の課題図書ってすごいね。⑤素朴骨太でありながら、抒情的ってどういうことなのでしょう。ちょっとグロかったりもするけれど。これも、かつての課題図書。うーん、課題図書も馬鹿に出来ないわ。・・・で、①、②も勿論面白い。

☆愉快・痛快、大好きになった本は、

⑥「シカゴよりこわい町」リチャード・ペック(東京創元社)
⑦「シカゴより好きな町」リチャード・ペック(東京創元社)
⑧「シカゴよりとんでもない町」リチャード・ペック(東京創元社)
⑨「はみだしインディアンのホントにホントの物語 (SUPER!YA)」シャーマン・アレクシー(小学館)

⑥~⑧、こんだけ元気でかっこいいばあちゃん、いないよ。わたしも、こんなばあちゃんになりたいっ!!⑨インディアンであろうがなかろうが、青春期に悩んでいることは同じだったり。諦める前にまずやってみろと勇気づけられる。

☆ちょっと社会派に

⑩「私は売られてきた (金原瑞人選オールタイム・ベストYA)」パトリシア・マコ―ミック(作品社)
⑪「太陽のくに」エヴァ・アダムセン(金の星社)
⑫「クロティの秘密の日記 (くもんの海外児童文学)」パトリシア・C・マキサック(くもん)
⑬「マンホールの少女サンダーレの夢」カロリン・フィリップス(合同出版)
⑭「フォスターさんの郵便配達」エリセアル・カンシーノ(偕成社)
⑮「沈黙のはてに」アラン・ストラットン(あすなろ書房)
⑯「ヒトラー・ユーゲントの若者たち―愛国心の名のもとに」スーザン・キャンベル・バートレッティ(あすなろ書房)
⑰「ヒットラーのむすめ (鈴木出版の海外児童文学―この地球を生きる子どもたち)」ジャッキー・フレンチ(鈴木出版)
⑱「風の少年ムーン」ワット・キー(偕成社)
⑲「闇のダイヤモンド (海外ミステリーBOX)」キャロライン・B・クーニー(評論社)
⑳「私が売られた日」ジュリア・レスター(あすなろ書房)

事実の重みに圧倒されてしまうけれど・・・。ここから始まってもいいんじゃない。


☆主人公は女の子

21「希望(ホープ)のいる町」ジョーン・バウアー(作品社)
22「きらきら」シンシア・カドハタ(白水社)
23「ハティのはてしない空 (鈴木出版の海外児童文学 この地球を生きる子どもたち)」カービー・ラーソン(鈴木出版)
24「アリスの見習い物語」カレン・クシュマン(あすなろ書房)
25「ロジーナのあした―孤児列車に乗って」カレン・クシュマン(徳間書店)

21.自分の仕事に誇りを持てるって素晴らしい。主人公の女の子も、周りの大人もかっこいい。22.日系2世の女の子から見た世界。家族のこと。繊細な語り口に引き込まれる。23.開拓時代のお話。土地を自分の物にするために、たった一人で開拓地に住む女の子。離れてはいるけれど、隣には、良き隣人。ちょっと見、赤毛のアンかあしながおじさんっぽいところも。24.25.ととても興味深く読んだ。時代設定は昔だけれど、今でも通用するような女の子の自立物語かな。この作者の作品をもっと読みたい。

☆安心して読めて・・・懐かしさほんのり

26「勇気の季節 (ハヤカワ・ノヴェルズ)」ロバート・B・パーカー(早川書房)
27「われらがアウルズ (ハヤカワ・ノヴェルズ)」ロバート・B・パーカー(早川書房)
28「チョッキージョン・ウィンダム(あすなろ書房)

26.27.なんというか、2冊読んだだけで、もうパターンのようなものができているようで。でも、読みやすいし読後感もいいし、男はこうあるべしみたいなのも気持ちいいし。きらいじゃないの。27.SF作家の作品が読書感想画の課題図書に選ばれるなんて・・・。感激。
スポンサーサイト

category: 読書感想

thread: YA(ヤング・アダルト) - janre: 本・雑誌

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotone8941.blog.fc2.com/tb.php/29-29f78b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセスランキング

あしあと

カレンダー

天気予報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。